冬が旬の魚・・・で思い浮かぶのは・・・
あんこう、かれい、ぶりetc色々ありますが
私の一押しは、「金目鯛」です。

金目鯛がつくから「たい科」の仲間と思われがちですが、「きんめたい科」に属する魚で、黄金色の大きな目が『金目鯛』の名前の由来だそうです。

大きいものになると全長50僂鯆兇┐覦未棒長し、寿命が長く15年位長生きします。

水深300m〜800mの深海に生息し、深海でも生息しやすいよう金目鯛の目は大きくなっています。

金目鯛は1年を通して水揚げされますが、金目鯛の産卵期は7月頃から10月頃にかけてとされていて、美味しいの時期は最も脂がのった冬12月頃から2月にかけてです。

栄養面では、今注目されている活性酸素を抑制するアスタキサンチンやDHA・EPA、アラの部分にはコラーゲンがたくさん含まれていて、1尾のものは、形が丸みをおび、目は透き通っていて黄金色のもの、切り身は、ツヤと透明感のあるもの、いずれも皮目の赤色が鮮やかなものが美味と言われています。

高タンパクで低カロリーな金目鯛は、伊豆沖や銚子沖、四国など主に太平洋側の各地で漁獲されています。
下田港が水揚げ量では日本一で全体の37%を占めていて、大島近辺で一本釣りで獲れる脂がのった高級金目鯛は地金目(トロ金目)として扱われています。
静岡県稲取近海産金目鯛は脂ののりが良く味も格別!と言うことで・・・

美味しい金目鯛を食べさせてくれるお店 『お食事処 磯一』さんへいってきました。
国道135号線沿い、伊豆急下田駅から車で7〜8分、白浜海岸からは、車で2分ほどです。

磯一磯一






店の前の漁船が目印なのですが、見過ごしてしまいそうな感じです。

磯一磯一






テーブル席、座敷 24席あります。

磯一磯一






磯一磯一






〇〇〇〇」と言うと・・・サザエのつぼ焼きがサービスでいただけます。
 ※「〇〇〇〇」のキーワードは、『磯一』←ここをクリック

そして、是非食べていただきたい・・・
磯一磯一






待つこと15分くらい・・・思わず「おおぉぉぉ〜」っと言ってしまうくらい、丸々一匹30cm位はあったでしょうのボリューム。
金目鯛は、注文を受けてから煮ていますが、こってりした煮汁の味が染み込んでいて、身はプリプリ、食べ応えのある一品です。
金目鯛の煮付け」=お値段が気になる・・・ところでして、以前のブログには、お財布事情で金目鯛を我慢した記事を書きましたが、磯一さんではリーズナブルなお値段で、美味しい金目鯛をいただけて大満足です!

お会計時に頂いた名刺を次回持参すると・・・特典があるそうですよ!(←ココ大事)

お食事処 磯一
住所    静岡県下田市白浜小撫2648-5
電話    0558-22-2837(予約可)
営業時間 シーズンオフ〔月・火・木・金〕 10:00〜17:00
                 〔土・日・祝〕    10:00〜20:00
                夏季・GW・正月   7:00〜22:00
店休日   シーズンオフ=水曜日
         夏季・GW・正月=無休
駐車場   有