洋菓子>和菓子・・・な方にもお薦めしたいのが、『開運老松(かいうんおいまつ)』です。
開運老松」は、長野県松本市にある『開運堂(かいうんどう) 』の人気和菓子で、白餡に上新粉と求肥粉・玉子を加え、ニッキ(シナモン)を混ぜ蒸した生地で、上品な粒餡を巻いています。
ニッキ(シナモン)風味が効いた生地は、しっとりとして崩れやすいのですが、香ばしい松の実がアクセントとなっている独特な和菓子の一品です。
老松






山に囲まれた松本のお菓子は、京にも江戸にも影響されず、「開運老松」は創業80周年を記念して昭和39年に創作され、松の老幹を写実した姿は雅趣に富み、松の実を配し不老長寿を念じ、信州の代表銘菓として高い評価をされているそうです。
老松老松






開運堂」は明治17年(1884)に呉服商から菓子業に転じ、「シンプルで個性的・いつまでも斬新」をコンセプトに平成10年に建てられた本店建物は、歴史と城下町に融和するデザインで、平成12年・松本市都市景観賞と中部建築賞を受賞されました。

開運堂店舗は松本市内、そして委託店として松本インター周辺・松本空港松本市郊外・JR長野駅周辺・諏訪方面・東京日本橋三越本店にも出店されています。

信州長野県松本市・・・のお土産と言って思い出されるのは?
野沢菜おやき蕎麦りんごetc・・・ですが、洒落たおみやげに「開運老松」はいかがですか?


開運堂・・・http://www.kaiundo.co.jp/