北海道限定のスィーツ・・・と言って思い出されるのは・・・
LeTAO   ・六花亭  ・ROYCE’   ・白い恋人  etc・・・

今回の旅では、念願の「LeTAO」本店へ行って来ました。
正式名称は、「小樽洋菓子舗ルタオ本店
RUTAO






北海道 小樽に本店を構える「ルタオ」は、世界中から選び抜いた素材だけを使用し、独自の製法など新しい技術を次々と改革しながら作り出したスィーツが評判を呼び、今では北海道を代表する洋菓子店として、北海道のみならず全国的にも親しまれるようになりました。
本店の小樽市堺町7番16号近辺に4店舗、小樽駅前、大丸札幌店、新千歳空港店、新千歳空港から車で7分程にある店舗の全部で9店舗あります。

以下が本店近辺の店舗です。
ルタオ パトス (小樽市堺町5番22号)  
2011年5月にオープンした、ルタオ最大店舗。
1階・・・人気商品を取りそろえたスイーツショップ          
2階・・・カフェ
※パトスとはギリシャ語で「情熱」という意味がありロゴマークの太陽はそこからきているようです。

ルタオ ル ショコラ (小樽市堺町4番19号)   
ルタオ唯一のチョコレート専門店
ルタオには常時50種類以上のチョコレートをがあり、その中には、約20種類以上の限定のチョコレートがあります。

ルタオ プラス (小樽市堺町5番22号)
「ルタオ プラス」は、ルタオの人気商品を取り揃えたテイクアウト専門店「クレームグラッセ」をプラスしたお店です。

ルタオチーズケーキラボ (小樽市堺町6番13号)
ルタオ本店向いにオープンしたチーズケーキ専門店です。
工房を備えているので、パティシエが一つ一つ丁寧に手作りしている様子を眺めることができます。


本店は、1Fがスイーツショップ、2Fがカフェ、3Fが展望室の構成となっています。
店舗入り口付近では試食を配っていて、これを口にしたら、もう食べずに帰るわけにはいきません!
RUTAOルタオ






カフェは結構広くてテーブル席ががたくさんあり開放的な雰囲気でした。

カフェを訪れたのが夕方だったので、ケーキの種類も少なめでしたが、オーダーしたのはもちろん「ドゥーブルフロマージュ」とアイスコーヒーのケーキセット(840円+税)。
RUTAORUTAO






私はアイスコーヒーを頂きましたが、こだわりの紅茶はスリランカムレスナ社のフレーバーティーで、100%のセイロン紅茶にスイスからのフレーバーをブレンドしたものや、月替わりのフレーバーティーが2〜5種類あります。
季節のブレンドティーと月替わりのオリジナルデザート、2段トレーにケーキとサンドイッチをセットした「アフタヌーンティーセット」、月一度の「ケーキバイキング」(要予約)、「ベストセレクション」(ルタオの人気チーズケーキ3種盛り※数量限定)なども人気メニューです。

LeTAO」の各商品は、オンラインショップからも購入できます。
http://order.rdy.jp/letao//strong>

ちなみに・・・「LeTAO」の意味ですが・・・
小樽→OTARU→オタルを逆から読むと思っていました
大体の方もそうだと思います・・・

でも、そんな訳ありません!

ルタオ本店の建物を表すフランス語で、「小樽の親愛なる塔」を意味する「La Tour Amitie Otaru」の頭文字を取り、「LeTAO」と名付けたそうです。

小樽散策の途中で、ちょっと一息つきたい時は・・・是非、LeTAOでどうぞ!


 LeTAO
http://www.letao.jp/shop/