2日目 福山→福岡→佐世保

朝、福山のホテルを出発して山陽自動車道の福山西ICに向かう。昨夜降り続いていた雨はすっかり止んで、時折晴れ間が見える天気だ。それにしても涼しくなったものだ。すっかり秋の気配。

下松サービスエリア(下り線)山陽自動車道はカーブやトンネルが多いが、それ程交通量が多くないので走りやすい高速道路だ。山口県に入り、下松(くだまつ)サービスエリアで昼食を済ませる事にする。その後は一気に九州に向かう事になる。ちょっと気が付いた事だが、山陽自動車道のサービスエリアには屋台風の売店が多い気がする。そこでは甘栗やどうしてここで?って言う様な物が販売されてたりする。ここ下松サービスエリアでも、ウエスタン調のお土産が売っていた。

関門橋を越えるとあっと言う間に九州に上陸できますが、本州の端まで来たと言うことを実感したい方は壇之浦パーキングエリアに立ち寄るといいでしょう。ここからは関門橋を眺めながら食事したり、宿泊することも出来ます。

道の駅 むなかた道の駅 むなかた みあれ玄海






さて、無事に九州に上陸して最初に目指すのは福岡県宗像市にある「道の駅 むなかた」です。九州自動車道を若宮ICで下りて一般道を進んで行きます。電話番号でナビに入力したら、まったく別の場所に連れて行かれましたが16時に無事に到着です。今年の4月に出来たばかりの新しい道の駅です。物産直売所で直売されていた魚介の新鮮さに驚きましたが、今買っても腐ってしまっては勿体無いので泣く泣く諦めました。

福岡のイタリアレストランのお洒落な店内その後は志賀島夕日を見に行く予定でしたが、曇ってて見れそうに無いのと友人との食事の時間も迫ってたのでカットする事にしました。福岡市内が意外と渋滞するのには驚きました。予定時間の倍は見ないといけませんね(笑)福岡市内の小さなイタリアレストランで古い友人と会い、久々に話しが盛り上がりました。福岡で食事をするのは初めてだったので、なんだか新鮮な感じがして良かったですよ。

明日は今回の旅のメイン見学地の「ハウステンボス」に行くので、今夜のうちに近くの佐世保まで移動です。九州自動車道から長崎自動車道に入り、佐世保みなとICまで一気に行きます。佐世保の町もなんとも言えない独特の雰囲気があります。地元の横須賀とどこか似ているような気がしました。午後10時無事にホテルにチェックインです。

つづく