日本初の アルパカ牧場として誕生した、「 アルパカ牧場那須ビッグファーム」。
11万屬旅大な敷地にある飼育ゾーン25000屬法現在約400頭の アルパカたちがのびのびと暮らしています。 アルパカ牧場アルパカ達は1999年にジェット機をチャーターして、南米アンデスから200頭がやってきました。日本100名山の 那須岳(正式名称: 茶臼岳)山麓の土地で、ゆったりと暮らす アルパカ達のほんわかとした情景を目にすることができます。
那須アルパカ牧場那須






アルパカとは、哺乳綱偶蹄(ほにゅうぐうてい)目 ラクダ科の動物で、南アメリカのチリ・ペルー・ボリビアのアンデス山岳地帯で飼われている 家畜です。原種の野生種はすでに滅びたものと考えられていて、体形は ラマに似ていますが、やや小形で、体長2m、肩高90cm程度です。紀元前4〜3世紀にはすでに家畜化されていたと考えられ、その主目的は毛用で、 アルパカの毛並みは非常にしなやかで毛質はよく、毛の長さは10〜12cm、長いところでは40cmにも達するそうです。毛は衣類やカーペットに用いられ、その製品も アルパカと呼ばれています。妊娠期間は330日で、1産1子です。
アルパカアルパカ達






とても人なつっこく近寄ってくる アルパカの表情は穏やかで、大きなくりくりとした目や もふもふな体型に癒されます。
アルパカアルパカ






アルパカBaby's

この2頭の子供 アルパカは、2013年9月初めに産まれた、いたずら大好きな男の子と、おてんばな女の子です。


ミラバケッソ

向かって左側が、「 ミラバケッソ」のCMでお馴染みの アルパカです。



那須
現在は約400頭の アルパカたちが大自然のなかでのびびと暮らしていて、これだけの数のアルパカが一堂にいるのは、日本では、「 アルパカ牧場那須ビッグファーム」だけです。

アルパカ以外にも ダチョウがいました。
馬たちだちょう






牧場にいる アルパカ達は個性的な顔立ち?が多く、 木枯らし紋次郎?風な アルパカが沢山いましたよ(笑)・・・(その意味は・・・行ってみればわかります!) 
アルパカアルパカ






北西部には雄大な 那須連山の主峰・ 茶臼岳(1,915m)がそびえ、山麓地帯には舒明2年(西暦630年)開湯の歴史ある 那須温泉郷、多くの 宿泊施設別荘地殺生石などの 史跡テーマパーク、さらには 皇室の方が静養する 御用邸があることから「 ロイヤルリゾート那須」として知られています。またこれから 那須の山々は 紅葉のベストシーズンです。色とりどりの風景、動物達とのふれあい、疲れた身体を癒しに・・・出かけてみませんか?

アルパカ牧場那須ビッグファーム
http://www.nasubigfarm.com/