夏の暑さも一段落して、季節は秋へと進んでいますね・・・
木々や植物も色を変え、私たちの目を楽しませてくれます。
今回は、日本有数の 紅葉の名所、愛知県豊田市の「 香嵐渓」を紹介します。

香嵐渓は、寛永11年(1634) 飯盛山にある香積寺(こうじゃくじ)の11世三栄和尚が、スギや モミジを1本1本植栽したのが始まりで、巴川沿いの参道から香積寺にかけて約4000本のカエデが赤・橙・黄と色を重ね、清流に映える景色は絶景で、シーズン中は夜21時まで ライトアップもあり、昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめます。

※(写真は昨年11月中旬に撮影したものです)
香嵐渓kourankei






kourankeikourankei






紅葉見頃の夜は、かなり冷えますので防寒対策をお忘れなく・・・
でも、多くの屋台や温茶サービスもありましたので身体を温めながらの 紅葉鑑賞もできます。
kourankeikourankei






kourankeikourankei






紅葉見頃は、11月中旬〜12月初旬頃で、 香嵐渓 もみじまつり・ライトアップは2013年11月1日〜12月1日の期間で開催されます。(変更の場合もありますので御確認ください)
kourankeikourankei






kourankeikourannkei









香嵐渓(愛知県豊田市足助町飯盛)へは、
  ☆名鉄東岡崎駅→バスで1時間10分、バス停:香嵐渓下車、徒歩2分
  ☆マイカーなら、東海環状道豊田勘八ICから国道153号経由20分
    駐車場=2000台/1000円/11月中のみ、11月以外は500円


香嵐渓
http://asuke.info/