お花見に行こう伊豆編

昨日3月7日木曜日、伊豆花見に行ってまいりました。
実は、2月14日にも早咲きの河津桜菜の花を見に出掛けたのですが、
ほとんど咲いておらず、ちょうど前日に見た旅番組で河津桜まつりのこと
をやっていたのでリベンジ?に行ってきました。
2/14桜2/14菜の花

2月14日は・・・
こんな感じでした・・・



昨日は気温も上昇してお天気も良く、絶好のお花見日和でした。
平日にも関わらずの人出で、駐車場探しに少々てこずりましたが、駐車場待ちをしていた前の車が待ちきれず移動した直後に空きができ、待ち時間5分程でLuckyにも駐車できました。

駐車場から徒歩ですぐの所でお祭りは開催されていました。
3/7河津桜まつり3/7河津桜まつり






3/7河津桜まつり河津桜とは、1955年に飯田勝美氏が静岡県賀茂郡河津町田中で原木を偶然発見したことが由来で、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われていましたが、その後の学術調査で新種と判明し、1974年に「カワヅザクラ河津桜)」と命名、1975年に河津町の木に指定されました。現在も原木はこの地に存在し、2007年現在で樹齢50〜60年で、1968年頃からこのサクラが増殖されるようになりました。
イベント 名前の由来となった河津町では1981年より、毎年2月10日前後から3月10日前後にかけて河津桜まつりが開催され、河津駅近辺の河口から河津川にそって「河津桜並木」が約3km続いており、毎年この時期になると大勢の観光客でにぎわい、夜にはライトアップされています。

も見つつ、たくさんの屋台にも目をやると・・・
おいしそうな食べ物がずら〜り やっぱり「花」より「団子」です
その中でも気になったのが、「桜たいやき」と「棒天串」です。
3/7河津桜まつり3/7河津桜まつり






3/7河津桜まつり

桜たいやき」は見た目も桜色ですが、桜色のおもちの中につぶあんがあり、食感はもちもちしていて、おもちをたい焼きの皮でくるんだ感じです。


3/7河津桜まつり3/7河津桜まつり






こちらの「棒天串」は、3月2日に放送された「メレンゲの気持ち」の1コーナーである、「石ちゃんの通りの達人」で紹介されていたお店です。
棒天串」は、チーズや海老のすり身が各々すりこまれているさつま揚げを串に刺して、火で炙りながらへらで押して平らにしたものです。
どちらも小腹を満たすのにちょうどいい感じでした。

3/7河津桜まつり

温泉地でもあるからか足湯もあり、ここもたくさんの人で賑わっていました。



3/7河津桜まつり

こちらは公衆トイレなんですが、桜マークの建物で、看板を見ないとトイレとは思いませんね・・・



小腹も満たされ、満開の桜も堪能し、次なる目的地・・・南伊豆へ移動
先程のピンク色の世界から黄色一面の世界へ
3/7菜の花3/7菜の花






この菜の花畑は、1月下旬〜3月下旬(日野国道136沿)に地元「元気な百姓の会」により、休耕田になっている田んぼに毎年菜の花を咲かせ、26,000屬料餮靴焚色いジュータンになり、「菜の花結婚式 2/10(菜の花畑特設開場)」と言う南伊豆町の春のイベントで、一般公募の中から選ばれた1組のカップルが菜の花畑で挙式を挙げることができるそうです。 ずいぶんと前に「幸せの黄色い・・・」なんとかって映画がありましたけど、菜の花の黄色に包まれた結婚式も幸せになれるんでしょうね・・・

菜の花畑の隅の方にも可愛らしい花が咲いていました。
3/7菜の花3/7菜の花






時間も夕方になり、本日もう一つのイベント・・・温泉へ
今日の温泉は、だんな様がリサーチ&予約しておいた、赤沢温泉郷の「DHC赤沢日帰り温泉館」です。
3/7日帰り温泉
太平洋を一望できる大パノラマと驚きの開放感で、空と海と湯舟が一体に見える眺望抜群の大露天風呂をはじめ、露天風呂付き個室、エステやお食事までたっぷりと楽しめる日帰り温泉施設です。
ここも、平日なのに入浴客が多く、PM6時から「樽風呂露天風呂付き個室」を予約しておいて良かった〜と思いました。

3/7日帰り温泉3/7日帰り温泉






【大浴場】
水平線までさえぎるものなく、かつてないスケールで海と空の大パノラマが広がる大露天風呂です。大浴場には赤沢の赤石をダイナミックに配した内湯をはじめ、ジャグジー、寝湯、ジェットバス、DHCの湯などたくさんのお風呂が楽しめ、ドライとスチーム2種のサウナも完備しています。

【露天風呂付き個室】
日本の伝統色(水がき、銀鼠、亜麻、萌黄)をテーマとした4つの個室があり、それぞれ、岩、陶器、檜、樽の露天風呂で、お風呂からも部屋からも海が眺められるように設計されています。テレビやお布団、クローゼットも完備されており、ホテルの一室のように寛ぐことができます。

【施 設】
お風呂以外の設備も充実で、1階には海の見えるレストラン(全100席)やたくさんの伊豆土産が並ぶ売店があり、2階には無料のお休み処もあり(約100畳)、お休み処では自由に使うことができる毛布や枕も備えてあります。
タイ古式マッサージやエステティックサロン「花の部屋」伊豆赤沢店もあり、癒しの時間が過ごせそうです。


お風呂でさっぱりしたあとは、レストランで夕食。
海を眺めながら、味にこだわった美味しい食事が楽しめ、 堀ごたつ席、椅子席、座敷席があり、約100席のレストランです。
金目の煮付け

ず〜っと食べたかった「金目の煮付け」 食べましたぁ!!



磯丼かき揚げ丼






       磯 丼                かき揚げ丼

3/7日帰り温泉日帰り温泉では物足りない方は、宿泊施設もありますので思う存分温泉を満喫してください。
ちなみに、日帰り温泉館の次の休館日は平成25年6月18日(火)〜20日(木)の3日間だそうです。


河津桜まつり ※開幕期間3月10日まで → 延長されるみたいです・・・
■詳細はH.Pをご覧下さい。
http://www.kawazuzakura.net/

南伊豆 菜の花畑 ※開幕期間3月10日まで   急げぇ〜 
■詳細はH.Pをご覧下さい。
http://www.minami-izu.jp/ev_sakura.html

赤沢日帰り温泉館
■住 所 : 静岡県伊東市赤沢字浮山163-1
■電 話 : 0557-53-5555(代)
■アクセス : 伊豆高原駅より無料送迎バスをご利用ください
http://top.dhc.co.jp/akazawa/