ドライブ観光コース!

ドライブ観光コース!では、地域別に実際に行ったドライブコースやグルメ等を紹介していますので是非参考にしてみてください。

安曇野・出雲崎・清里の旅 −1−

1日目 横浜→安曇野→出雲崎→燕市


長い間苦楽を共にして来た愛車の車検が来た。あちこちガタが来ていて、車検を通すのに50万円近くかかる事が発覚した。泣く泣く後継車に買い換えた訳ですが、納車が夏休みの前日の夕方になってしまい、馴らし運転がいきなりロングドライブになってしまった。

安曇野は、長野県中部にある松本盆地のうち、安曇野市を中心とした地域を指します。多くの美術館やお洒落なレストランが点在していて、私の中のセミリタイア候補地の一つになっています(笑)

安曇野アートヒルズミュージアム最初に訪れたのが「安曇野アートヒルズミュージアム」です。その昔「アートヒルズガラス工房」と呼ばれてたときから大好きな観光地です。静かなBGMの流れる中、色とりどりのガラス製品を見てると何故か優しい気持ちになれます。

パン工房るんびにその後は、近くにある「安曇野パン工房るんびに」でパンを買って・・・なんて思ってたけど、時間が押してたので今回は止めて先を急ぐ事にします。地方に行くとよく利用する「ベイシアあづみの堀金店」と「カインズホーム豊科店」そして「オートバックス穂高店」に行き少し買い物をした。

豊科ICから長野自動車道に乗って、新潟県の出雲崎を目指します。まだまだ慣らし運転をしなきゃならないのでエコ運転で走行してましたが、燃料は無くなるものでいつの間にか空に近くなっていた。残量がまったく判らないのでドキドキしながらなんとか米山サービスエリアまで行き給油した。

道の駅 越後出雲崎 天領の里西山ICで北陸自動車道を下り、「道の駅 越後出雲崎 天領の里」に到着した。天領の里は夕日がとっても綺麗な所で、この日の天気は最高の天気だったので、夕日まで暫し滞在する事にした。天領出雲崎時代館や夕凪の橋を見学しながら過し、いよいよ日の入りです。一面黄金色の夕日がとっても綺麗で暫く眺めていました。過去に見た夕日の中でも、3本の指に入る夕日でした。

その後は燕市にある創作洋菓子「ヤマトヤ プリメ」に行きケーキを買った。ここはとっても美味しいケーキを作ってるので、機会がありましたら利用してみてください。実は誕生日だったので、ケーキが無性に食べたくなっただけだったのですが(笑)

すっかり暗くなった中を走っていると「寺泊港まつり」の海上花火大会の花火が見えたので、車を停めて暫く眺めていました。その後ホテルにチェックインしてこの日は終了です。

つづく

ハウステンボスと角島と青海島の旅

5日目 姫路→横浜


さて、今日は横浜まで帰る日です。爆睡したお陰で先日までの疲れは取れた様子です。

ちょっと調べると、姫路から関東方面に進んだ場合「道の駅 みき」と「道の駅 淡河」がいい感じにルート上にあります。これは行くしかないですね。

道の駅 みき姫路から一般道を進み、「道の駅 みき」に到着した。想像以上に大きな道の駅で、金物産地としての特徴を前面に押し出した道の駅で、完成度が高く、良く出来てると思いました。播磨地方を中心にチェーン展開している和食レストラン「麺坊はりまや」が有ったので、昼食を頂きました。美味しかったですよ。

道の駅 淡河その後は、「道の駅 淡河」ですが、ここは特産品売場とレストランだけの超ミニな道の駅です。スタンプを押して早々に出発してしまいましたが、新鮮な野菜が豊富に販売されていました。家が近かったら買って行きたかったですね。

その後は、混み始めないうちに関西を抜けたいので、早々に中国自動車道に乗って一気に帰ってきました。

次回は九州の道の駅を完全走破したいですね。

ハウステンボスと角島と青海島の旅

4日目 門司港→角島→青海島→姫路


門司港を9時半に出発して早速道を間違えた(笑)関門橋を通る予定が、実際通ったのは関門国道トンネルだった。初めて通る訳だが、海底トンネルとは思えないほどの普通の2車線のトンネルだった。あっと言う間に本州に渡る事が出来た。料金は150円、とっても安い気がしますがどうなのかな。

角島大橋山口県の西端を山陰本線に沿って国道191号線を北上していく。今にも泣き出しそうなどんよりした天気だったが、時折り見える海が晴れ晴れとした気持ちにしてくれる。目指すは東映映画「四日間の奇蹟」のロケ地として有名になった角島だ。

角島灯台公園付近駐車場平成12年11月に開通した角島大橋を渡ると角島にすんなり入ることができる。そのまま道なりに進んで行くと、角島灯台公園に行き着く。この辺りがメインの観光施設だが、これと言って特徴はないです。ここは美しい海と自然を満喫する所なんだなぁ〜と思いました。

青海島の景観次に目指すは、金子みすゞのふるさと仙崎・青海島(おおみじま)です。車で30〜40分の距離だ。観光船に乗って、青海島めぐりの1週コースを予定してたけど、今日は外海の波が荒いとの事で半周の観音堂コースのみでちょっと残念。メインの黄金洞も波が荒くて船が入っていけなかった。ちょっと残念だが、次回の目標ができた(笑)

道の駅 おふくその後は、姫路に向けてズンズン走るのみです。横浜まで帰るのに5日目の行程をなるべく短くする為の宿泊地に姫路を選びました。「道の駅 おふく」で休憩したのちに美祢ICから中国道に乗り、一気に進んで行く。途中の宮島サービスエリアでラーメンを食べて一気にホテルまで行きました。

つづく

ハウステンボスと角島と青海島の旅

3日目 佐世保→ハウステンボス→門司港

ハウステンボス 入口佐世保のホテルを9時に出発。佐世保みなとICから西九州自動車道を1区間だけ使って佐世保大塔ICに向かう。佐世保大塔ICからハウステンボスまでは車で10〜15分の距離だ。道路状況も悪くないのであっと言う間に到着だ。駐車場の案内表示に従って車を進めて行けばいいので、迷うことはないでしょう。早い時間帯だったので、まだまだ駐車場はがらがらの状態でした。

ハウステンボス 園内ハウステンボスの最初の印象は、しっかり造ってあるなぁ〜っていう感じでしょうか(笑)それと、広さにビックリしました。端から端まで歩くと30分以上はかかるでしょう。園内には、バスやタクシーや運河船、レンタサイクル等もあるので、それらを利用するのが時間短縮になります。

夕刻のハウステンボス思いっきりハウステンボスを満喫して夕刻になった。とっても名残惜しいのですが、限られた休みの中での旅なので、そろそろ折り返さなければなりません。花火が見れなかった事が残念ですが、次回訪れることがあったら、ハウステンボスの中に宿泊して夜のハウステンボスを満喫したいと思います。

門司港地ビール工房からの夜景ハウステンボスを後にして、今夜の宿泊地の門司港に向かった。往路とほぼ同じ道を戻る事になります。門司港レトロ地区にあるで門司港地ビール工房地ビールを飲む予定をしてたので、自然と足は速まります(笑)門司港までは、2時間ちょっとで戻る事ができた。ホテルにチェックインを済ませ、門司港地ビール工房の時間を確認すると、ラストオーダーが迫ってたので、タクシーを使って行った。

美味い地ビールを満喫して、九州の最後の夜は静かに過ぎて行くのであった・・・

つづく

ハウステンボスと角島と青海島の旅

2日目 福山→福岡→佐世保

朝、福山のホテルを出発して山陽自動車道の福山西ICに向かう。昨夜降り続いていた雨はすっかり止んで、時折晴れ間が見える天気だ。それにしても涼しくなったものだ。すっかり秋の気配。

下松サービスエリア(下り線)山陽自動車道はカーブやトンネルが多いが、それ程交通量が多くないので走りやすい高速道路だ。山口県に入り、下松(くだまつ)サービスエリアで昼食を済ませる事にする。その後は一気に九州に向かう事になる。ちょっと気が付いた事だが、山陽自動車道のサービスエリアには屋台風の売店が多い気がする。そこでは甘栗やどうしてここで?って言う様な物が販売されてたりする。ここ下松サービスエリアでも、ウエスタン調のお土産が売っていた。

関門橋を越えるとあっと言う間に九州に上陸できますが、本州の端まで来たと言うことを実感したい方は壇之浦パーキングエリアに立ち寄るといいでしょう。ここからは関門橋を眺めながら食事したり、宿泊することも出来ます。

道の駅 むなかた道の駅 むなかた みあれ玄海






さて、無事に九州に上陸して最初に目指すのは福岡県宗像市にある「道の駅 むなかた」です。九州自動車道を若宮ICで下りて一般道を進んで行きます。電話番号でナビに入力したら、まったく別の場所に連れて行かれましたが16時に無事に到着です。今年の4月に出来たばかりの新しい道の駅です。物産直売所で直売されていた魚介の新鮮さに驚きましたが、今買っても腐ってしまっては勿体無いので泣く泣く諦めました。

福岡のイタリアレストランのお洒落な店内その後は志賀島夕日を見に行く予定でしたが、曇ってて見れそうに無いのと友人との食事の時間も迫ってたのでカットする事にしました。福岡市内が意外と渋滞するのには驚きました。予定時間の倍は見ないといけませんね(笑)福岡市内の小さなイタリアレストランで古い友人と会い、久々に話しが盛り上がりました。福岡で食事をするのは初めてだったので、なんだか新鮮な感じがして良かったですよ。

明日は今回の旅のメイン見学地の「ハウステンボス」に行くので、今夜のうちに近くの佐世保まで移動です。九州自動車道から長崎自動車道に入り、佐世保みなとICまで一気に行きます。佐世保の町もなんとも言えない独特の雰囲気があります。地元の横須賀とどこか似ているような気がしました。午後10時無事にホテルにチェックインです。

つづく

ハウステンボスと角島と青海島の旅

1日目 横浜→福山


前回(と言ってもかなり昔になるが)行ったときは、横浜を午後10時に出発して長崎に翌日の午後2時に着いた。途中山陽道で2時間程仮眠したが、もともと引いてた風邪をこじらせてしまい、その後3日間寝込むと言う最悪の旅だった。前回の経験を活かし、今回は広島県福山市で1泊する事にした。

横浜を午後7時に出発して、東名高速から名神高速に入り、山陽自動車道の福山東ICまで行く。距離は約750kmで、走った経験のある青森から横浜までの距離とほぼ同じ位だ。恐らくこの位が私の限界だろうと思う。

午前3時頃に福山東ICを下り、雨の福山市内を予約しているホテルまで進んでいく。配送のトラックが何台かすれ違ったが、こんな時間にどこに行くのだろうか?向こうもきっと同じ様に思ってる事でしょうね(笑)

無事にホテルに到着し、旅の疲れを癒す為に軽くシャワーを浴びて即寝しました。

つづく

八ヶ岳から北上する旅

2日目 佐久平→都内


諏訪平で清々しい朝を迎え、目指すは軽井沢の巨大なアウトレットショッププリンスショッピングプラザ」です。昨日に続き、アウトレットショップをはしごです。実は探している物がありまして、あちこちのアウトレットショップを彷徨い歩いてます(笑)

上信越自動車道の碓氷軽井沢インターチェンジを降りて約12kmの距離ですが、人気が有るので週末はかなり混雑します。駐車場も直ぐに満車になるので、いらいらしないでゆとりを持って運転しましょうね・・・って自分に言い聞かせてますが(笑)この日は軽井沢駅の駐車場にタイミング良く空が出たので、すんなりと駐車できました。料金は2時間超えると、どれだけ停めても3000円だったと思います。プリンスショッピングプラザの駐車場と比べると、ちょっと高いけど、時間を買ってると思えばいいのかな?ちなみにプリンスショッピングプラザの駐車場は2時間まで300円、それ以降1時間毎に100円で、2000円以上買い物すると2時間無料になります。

結局探し物は見つかりませんでしたが、今回の旅で行きたいと思っていた「大理石村 ロックハート城」を目指す事にします。再び碓氷軽井沢インターチェンジから上信越自動車道に乗って関越自動車道の沼田インターチェンジまで行きます。時折右手に見える妙義山が異様な姿を見せてますが、車は順調に進んで行きます。

大理石村の一角沼田インターチェンジからは約11kmなので、あっという間に到着です。ロックハート城は、元々イギリスのエディンバラ郊外に建っていたのを、30個に分けて日本に運んで移築された物です。ヨーロッパの古城移築は日本では始めての事ですので、一見の価値はあると思いますよ。売店のスタッフの皆様方が一生懸命ロックハート城でしか手に入らないチョコレートを薦めてくれましたが(笑)丁度結婚式が催されてて、幸せそうな新郎新婦さんをボーっと眺めておりました。

ロックハート城の閉館時間は17時なので、丁度夕飯の時間になるのですが、施設内のレストランもその時間には閉まってしまうので、夕飯には使いにくいです。沼田インター付近まで戻れば、色々飲食店があるので、その方がいいですね。近くの「道の駅 白沢」には日帰り温泉施設も有るので食事がてら立ち寄るのもいいですね!

その後はただひたすら帰るだけです。小腹が空いたら三芳パーキングエリアで「いも恋」を頂きましょう(笑)

八ヶ岳から北上する旅

1日目 八ヶ岳→佐久平

道の駅 こぶちさわ清里・八ヶ岳方面を旅するときによく利用するのが「
道の駅 こぶちさわ」です。小淵沢インターを下りてすぐなのでとっても便利です。週末は車中泊が多く少し混んでるけど、付近はとっても静かなのでよく寝られます。足湯の施設があるけど、午前10時から午後6時までなので残念ながら夜間は浸かる事はできません。自販機やトイレは24時間利用可能です。同じ敷地内に「スパティオ小淵沢」と言う日帰り入浴可能な施設もありますので、温泉に浸かる事も出来るのが嬉しいです。この「スパティオ小淵沢」ですが、朝は10時からなんですが、夜の受付は23時終了で、24時まで開いてます。温泉に浸かってから車中泊もいいかもしれませんね。

カントリーキッチンこの日は車中泊して、翌日は「スパティオ小淵沢」で温泉に浸かりました。とっても気持ち良かったですよ。その後は良く行く富士見高原の「カントリーキッチン」で昼食を食べました。いつも注文するのは決まってて、150gのステーキです。「カントリーキッチン」のステーキは、切って出てくるので食べやすいし、ご飯の御代りが出来るので、お腹も大満足です。

RESORT OUTLETS YATSUGATAKEそしてその後は、近くの「八ヶ岳リゾートアウトレット」でのんびりショッピングを楽しみました。「八ヶ岳リゾートアウトレット」は斜面に建ってるので、ほど良い運動になっていいですよ(笑)行く度に新しい施設が出来てて、まだまだ大きくなりそうですね。

八ヶ岳横断有料道路は、2001年10月9日から無料開放されて、現在では八ヶ岳横断道とか八ヶ岳高原ラインなんて呼ばれてます。昔から利用頻度の高い有料道路だったので、無料になった時は嬉しかったです。途中の山梨県立まきば公園で休憩がてらちょっとツマミを買って・・・(笑)ここまで来ると、標高もかなり高くなってるので、夏でも涼しいことが多いです。のんびり草を食む牛や富士山も見えますよ。

高原のパンやさん 新商品「やつがたけしゅー」時間は既に17時を過ぎてるので、今夜の宿泊予定地の佐久を目指す事にします。国道141号線をひたすら走って行く訳ですが、途中の松原湖駅と小海駅の間にある「高原のパンやさん」で美味しいパンを買いました。「高原のパンやさん」の「やつがたけしゅー」は買ってからクリームを入れてくれるので、サクサク感が残っててとっても美味しいです。行けば必ず買っちゃいますね。

佐久に着き「かっぱ寿司」で夕飯を済ませて今宵の車中泊地である、佐久平PAを目指します。ここは、佐久スキーガーデンパラダがあるので有名ですね。パーキングエリアに車を停めてすぐに行けるスキー場です。そんなに広くはないけど、便利さが売りかな?

それでは又明日ね!

湘南から海沿いを西へ行く旅

2日目 御前崎→浜岡砂丘→浜名湖

御前埼灯台御前崎灯台は正式には御前埼灯台と書き、読み方は「おまえさきとうだい」と読みます。雨が降ったり止んだりの天候ですが、何とか雨に当たらずに御前埼灯台を見学する事が出来ました。三脚その他を持ちながら狭い灯台内を登っていくのはちょっと大変でしたが、その分いい写真を撮ることができました。

御前埼灯台の後は、浜岡砂丘に行きました。この辺りの海岸には砂丘が多くて、夕日時なんかとってもロマンチックです。風が強い日が多いですが、今日はそうでもなかったです。風の悪戯でしょうか?行く度に様子が変わってますが、なんとなく砂丘部分が少なくなってる気がしました。又次回確認しなきゃ(笑)

清水家そして最終目的地浜名湖に到着です。贔屓の鰻屋さんの「清水家」さんで鰻を食べて、帰路に付きました。時間的余裕があればもっともっと西に行きたかったけど、そうも行きませんね(笑)また次回の旅のレポートを楽しみにしててください。

湘南から海沿いを西へ行く旅

1日目 横浜→伊豆一周→御前崎(泊)


伊東マリンタウン クッキーシュー道の駅 伊東マリンタウンは以外と食事する施設が充実してます。訪れると必ず立ち寄るのが、クッキーシューのお店です。クッキーが生地になったシュークリームなんですが、これがとっても美味しいです。

さて、道の駅 伊東マリンタウンを後にして城ヶ崎海岸に向いますが標高が高くなるにつれて霧が濃くなって来ます。視界30メートルと言ったところでしょうか・・・しかも結構な渋滞になってて、睡魔との闘いが暫く続きました。城ヶ崎海岸は、標高が低くなるので予想通り霧は晴れてました。

城ヶ崎海岸 門脇つり橋見学するのは門脇つり橋だけなんですが、以前来たときと大分様子が変ってました。まず、駐車場が有料になって1日500円取られます。ゲートを潜ると綺麗に整備されてて、とっても利用しやすくなってます。門脇つり橋とその他は変りは有りませんでした。小雨降りしきる中、数枚の写真を撮って次の目的地に向けて出発です。

青木さざえ店次に向ったのが、弓ヶ浜海岸の伊勢海老ラーメンで有名な「青木さざえ店」です。今回は伊勢海老ラーメンではなく、伊勢海老天丼に挑戦しました。とっても美味しかったのですが、伊勢海老の尻尾部分がもっと入っていれば・・・って思いましたが、高価な食材なので仕方ないですね(笑)

あいあい岬からの景観そのまま南伊豆から西伊豆に向いますが、途中石廊崎に立ち寄り、そしてあいあい岬に行きました。ここから見る太平洋がとっても好きです。何時間居ても飽きないですね。平日の夕方と言う事もあって他に来訪者は無く、暫しその景観に見入ってました。

恋人岬松崎から堂ヶ島を抜けて、西伊豆の海岸沿いを北上して行きます。土肥の恋人岬に18時半頃に着きましたが、辺りはすっかり真っ暗になってました。土肥温泉から更に海岸沿いを走る道が有りますが、暗くなってしまったので内陸部の西伊豆バイパスを経由して修善寺に出る事にしました。

あとは西を目指して進むのみですが、今日の目的地は御前崎と言う事にしました。おそらく22時頃には到着できるでしょう。御前崎には無料の駐車場が多く、車中泊にも適してますが、近くにコンビに等のお店が少ないので、予め食料品等は買っておいた方がいいですね。

今日はここまで!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お気に入りに追加
ブログ更新情報
follow us in feedly
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ドライブ観光コース!:ドライブ観光コース!では、地域別に実際に行ったドライブコースやグルメ等を紹介していますので是非参考にしてみてください。